読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに、心の記録

自称:ドルオタ(仮)。語りたがり。V6と一部韓ドルをゆる~く愛でてます。

私の好物、アップルサイダー

ジャニーズ 韓流アイドル

2017年、好きなものがまた一つ増えました。アップルサイダー(正確にはアップルタイザー)。


アップルサイダーは、「UTAO-UTAO」の歌詞にあるのを見てからずっと飲んでみたいなあと思っていて、昨日ようやっと飲む機会がありました。それは実に10年以上前からのとても小さな願いが叶った瞬間でもありました。ママン、ありがとう。


冷たい風が吹いている屋外で飲んだので、ちょっと寒かったのですが、林檎の甘酸っぱさが炭酸とともに口から喉へ下っていく感じが心地よく、美味しい、という言葉が素直に出ました。


好きなものが増えるというのは、世界が広がること、世界を好きになること、ひいては生きやすくなることだと考えているので、私にとってはとても嬉しいことでした。



昨年末、少し残念なことがありました。このブログで書いたある記事が、勝手にまとめサイトに載せられていたのです。今のところそれが理由で被害を受けたということはありません。それでも、別にいいんじゃない?とは思えませんでした。


私はブログを書くのはそれなりの覚悟が要ると思っていたし、それなりの覚悟を持って書いています。自分が思っていることや考えていることを曝しているのは、それを多くの人に知って欲しいという気持ちが少なからずあるからですが、そうするにはそれ相応の責任を負わねばなりません。


自分と正反対の意見を持つ人はたくさんいるだろうし、故意でなくとも書き方によっては画面の向こうの誰かを傷つけてしまうこともあります。足りない心なりにそういうことを頭の片隅に入れて書いているつもりです。そうやって書いたものを無断でまとめサイトに載せられているのを目にしたとき、踏み躙られたような気がして悲しくなるのはおかしいのでしょうか?


一言声をかけてくれていたらどれだけ違っていただろうと思い、自分はそうならないようにしなければと思いました。どんな形であれ、人と関わっていくというのは本当に難しいものですね。それが楽しくもあるんだけど。



話変わって。最近、セブチにハマりそうで怖いです。岡田くんしかりタオちゃんしかり、黒髪の似合うキリリとした彫刻男子が好きな私は「BOOMBOOM」のじゅんぴを見て、大袈裟ではなく身の危険を感じました。K-POP男子で今一番見た目が好みなのはじゅんぴです。


瓜二つと言われているSJのヒチョルさんのお顔は、あまり好みではありません。正直に言うと結構苦手で、じゅんぴと比べるとだいぶクセが強い気がします。少しまろやかな印象を受けるという意味では、セクゾの勝利くんの方が似ているのかも知れません。勝利くんのお顔も好きです。


ただヒチョルさんが嫌いな訳ではなくて、あの強烈なキャラクターは素敵だと思います。気ままに見えるけど、自分の言動がどれほどの影響を及ぼすのかをちゃんとわかっているから、多くの人に支持されているのでしょう。とてもカッコイイ方です。


話を戻して。セブチはじゅんぴに限らずイケメン揃いです。楽曲が爽やかで(ゴリゴリ過ぎない)、観衆を楽しませようという心意気も感じるし、自分たちで組み立てているからか、何よりものびのびと楽しそうに見えます。乱暴に言うと、そりゃ売れるわな、というグループです。


そんなセブチにズブズブといかないのは...やっぱり好きになるのが怖いからかな。


V兄さんへの回帰も、びくすを好きになったのも、ぶっちゃけえくそで疲れた結果です。あまりよくないスタートかも知れないけれど、この2グループについては、よほどのことがない限り、嫌いにはならないだろうと思います。仮にもっと好きなもの(それがアイドルにしろそうじゃないにしろ)ができて離れることになっても、嫌いにならない自信がある。だから好きになりました。


好きだったものがそうじゃなくなっていくというのは、たとえそれがどうしようもないことだとしても、やはり寂しいものです。中でも嫌いになってしまうというのは本当に辛いことだと思います。今更ですが、えくそが自分の中でどれだけトラウマになっているのかがよくわかります。



来年の私が、アップルサイダーが好きだったらいいな、と思います。


そして、今よりも好きなものがたくさんあって世界を見る目がもっと優しくなっていればいいな、と思います。


セブチのことを好きになっているかも知れないし、まさかのバンギャになっているのかも知れませんが、それはそれで楽しみです。



これを読んで下さっている皆様にとっても、2017年が実りあるものになりますように。


遅くなりましたが、本年もどうぞ宜しくお願いします。