読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気の向くままに、心の記録

自称:ドルオタ(仮)。語りたがり。V6と一部韓ドルをゆる~く愛でてます。

Farewell L.joe

TEENTOPがカムバしました。


f:id:xyzxxx:20170413172106j:plain


私が彼らに夢中だったのはせいぜい『Rocking』まででしたが、最初に好きになった韓流アイドルグループということもあり、なんだかんだ気になる存在だったので、以後も新曲が出るとなると、MVを見るくらいのことはしてきました(本当に軽く目を通すくらいなものでしたが)。


今回のカムバは5人。かつての推しはいません。



エルジョだけが所属事務所と再契約をしなかったという話が出たときから、決定的な何かがあるまではあれこれ書かないでおこうと考えていました。しかし振り返ってみれば、最初の報道が出た時点で彼の離脱は決まっていたようなものだと思います。


そこそこの知名度はあるものの、数多のグループの中で頭一つ抜けた存在とまでは言えない微妙な立ち位置であることを鑑みれば、各々が身の振り方について真剣に考えてもおかしくない時期であり、また軟弱に見えても彼には一度こうと決めたら絶対に変えない頑固さがあったから、新しい情報が流れてくる度に、ああもう覆らないんだという確信が深まっていきました。


アイドル業と俳優業を秤にかけて、彼は最終的に俳優業を取りました。にも関わらず非難の声が少ないのは、彼がアイドル業をしっかりやっていたからだろうと思います。


私はエルジョが好きでした。エルジョの見せ方が好きでした。音楽番組等のパフォーマンスでは、ずば抜けた華がある上に見せ場の多いニエルにどうしても目がいってしまいますが、MVでは表情の作り方の上手いエルジョが目立つことが多く、MV大好き芸人だった私が彼を贔屓にするのはごく自然なことだったのかも知れません。タプのMVは繰り返し繰り返し見て、友達にもゴリ押しして本気でうざがられたりしたなあ。


私はアイドルが好きだから、アイドルを辞めた人を追う気力っていうのは例えそれが元推しだとしても徐々に湧いてこなくなるのは目に見えていて、彼の今後に全く興味がないのを薄情だなあと自分でも思うけれど、韓流沼での初めての推しがいなくなるというのは些か堪えるものがあります。


タイトル曲である『Love is』はどこがエルジョのパートだったのかも分からないくらい5人のタプの歌になっているけれど、『Call Me』はエルジョが一緒に踊っているのがありありと想像できるくらい6人のタプの歌みがすごくて、軽快で楽しい曲なのに泣きそうになったりして。


贔屓にしているグループから脱退者が出ることはこれが初めてではないし、もっと言うならタプは贔屓にして「いた」グループで、今の私には他にもっと好きなグループがいますが、それでもやはり寂しいし慣れないものです。



今回彼らの活動を久しぶりに追っていますが、正直に言ってエルジョの離脱がなかったら今まで同様に追わなかっただろうと思います。メンバーの離脱というのは残された子たちにとっては大きなプレッシャーではあるけれど、それと同時に注目を集める要素にもなる訳で。だから彼らにとっての本当の勝負はこの次のカムバだと思うのです。


不届き者な元ファンである私がそのとき彼らを追うのかは分からないけれど、少なくとも今は頑張る5人のことを出来るだけちゃんと見ておきたいし、その中でエルジョにさよならが出来たらいいなと思います。




뮤직뱅크 Music Bank - Call Me + 재밌어? - 틴탑 (Call Me + Love is - TEEN TOP).20170407